Top > 中学受験中に毎日勉強する癖がついたのでその後も勉強が習慣になった梅本(仮名)さんの中学受験体験談

中学受験中に毎日勉強する癖がついたのでその後も勉強が習慣になった梅本(仮名)さんの中学受験体験談

僕が両親に勧められ中学受験を志したのは小学校4年生の時です。
その時には勉強の習慣はありませんでしたが、母親が毎日塾の宿題や予習復習に付き合ってくれて、少しずつですが机に向かうようになりました。
また、苦手な教科を克服するために(⇒夏期講習)を受講しました。

中学受験をするまで長い道のりでしたし、大変なこともたくさんありましたが、希望通りの学校に合格できたので頑張った甲斐があったと思っています。
中学受験までの過程で毎日勉強する習慣がついたので、中学に入った後も机に向かうことに抵抗がないので今は中学受験をして良かったなと思っています。

そして、何より毎日勉強する習慣が学力を伸ばすのに重要だということを感じているので、中学受験の経験を活かしながら、これからのためにもさらに頑張っていきたいと思っています。

関連エントリー